信長の野望創造攻略サイト

城  会戦テクニック  城

ここで紹介する会戦テクニックは、パワーアップキット版のものです。無印版のものは、「裏技・小技集」をご覧ください。

会戦の使いどころ

背後や側面から敵部隊を攻撃すると、少ない被害で大ダメージを与えられます。単独では敵の背後や側面に回り込めないので、必ず複数の部隊で会戦に臨むようにします。

背後や側面に回り込むコツが、このページで紹介する方法です。島津が得意とした釣り野伏を再現したもので、敵部隊数が少ない時ほど狙いやすいです。大会戦の場合も、鶴翼の陣を敷けば、同じテクニックが使えます。

全国マップ上で挟撃できる場合は、会戦をしなくても有利に戦えます。一方からしか攻撃できない場合ほど、会戦で勝負した方が良い結果を出しやすいです。

城の前の要所で会戦に勝利すると、その城の耐久を減らすことができます。この効果が意外と大きいので、敵の城に攻め込む場合は、極力敵の城の前で戦うようにすると良いです。

背後から攻撃するための采配

         
    自     
        敵 
    自     
          
     ↓
         
    自     
          
    自 敵   
          
     ↓
         
          
     自    
  自 敵     
          

敵の初期配置を確認したら、自軍の2部隊をやや離して待ちます。敵は必ず向かって来るので、敵の櫓がある場合は、後方まで下がってから部隊を敵側へ向けます。

敵部隊が視界に入ると、敵が味方のどちらに向かって来たか判明します。

狙われた味方は弓で攻撃しながら後退し、もう1部隊は敵の背後から乱戦します。有効な戦法がある場合は、乱戦部隊に使わせます。

敵部隊が攻撃対象を変更したら、乱戦の部隊が弓攻撃しながら後退し、弓攻撃していた部隊が敵の背後から乱戦で攻撃します。

敵が複数いる場合の采配

    自    
         
   自  敵  
         
     敵   
    ↓
         
     自   
  自 敵    
   敵     
         

敵が複数いる場合も、基本的な戦い方は同じです。敵に狙われた部隊が後退して、もう1部隊が敵の背後を狙います。違うのは、味方1部隊で敵2部隊を引きつけることです。

各部隊が1対1で戦っても、消耗戦になるだけです。敵を1部隊ずつ壊滅させた方が被害が少ないです。

おすすめの戦法

「撹乱」や「足止め」のような敵の速度を下げる戦法があると、敵の背後に回り込みやすくなります。1人でいいので、それらの戦法が使える武将を主力部隊に加えておきましょう。

その他では、「急襲」などの乱戦を強化する戦法や、「一の太刀」のような敵を混乱させる戦法がおすすめです。

敵が戦法を使った場合の対処法

攻撃対象の敵が攻撃力や守備力を上げた場合は、しばらく乱戦を避けて、戦法の効果が切れるのを待ちます。

敵が突撃や斉射を使ったら、正面の部隊は横にかわして、可能ならそのまま敵の背後を狙うと良いです。

難易度上級の場合のテクニック

難易度上級でプレイすると、会戦における敵の采配も巧みになっています。全国マップ上で挟撃できる場合は、むしろ会戦をしない方が有利に戦えます。

上級では、基本的に全国マップ上で攻撃し、敵城前の敵にとどめを刺す瞬間のみ会戦をすると、城の耐久を楽に下げることができます。

創造戦国立志伝の攻略内容

戦国立志伝の特徴

戦国立志伝の評価

武将プレイの何に期待?

戦国立志伝の身分

戦国立志伝の忠誠

戦国立志伝の政策

戦国立志伝の部隊編成

戦国立志伝の戦国伝

戦国立志伝の特性検索

戦国立志伝おすすめ武将

戦国立志伝の登録武将

戦国立志伝の施設

戦国立志伝の領地内政

戦国立志伝の城下町内政

戦国立志伝の裏技

コーエーへの要望

信長の野望創造の攻略内容

批評(レビュー)

創造の特徴

パワーアップキットの批評

パワーアップキットの内容

みんなの評価

ゲームの流れ

シナリオ

戦国伝

全国の基本情報

支城と最大区画数

施設と資源と城郭施設

城の改修設備

政策

戦法

特性

おすすめ武将と特性

デモプレイの結果

合戦のための配属

合戦テクニック

会戦テクニック

人口の増やし方

兵数を増やすための政策

内政施設と政策の組み合わせ

おすすめ大名(低難易度)

おすすめ大名(高難易度)

おすすめ大名(PK版)

登録武将プレイ

裏技・小技集