信長の野望創造攻略サイト

城  戦国立志伝おすすめ武将  城

戦国伝を楽しみたい方へ

戦国立志伝では、戦国伝が発生する武将を選んだ場合にのみ戦国伝が発生します。その大名家の別の武将を選んだ場合は、基本的に戦国伝も歴史イベントも発生しません。他家の武将を選んだ場合は、歴史イベントは発生します。

戦国伝の多くが大名で発生するため、家臣プレイと戦国伝の両方を楽しめる武将は限られます。詳細は、「戦国立志伝の戦国伝」をご覧ください。

歴史イベントに関するアップデート

4月末のアップデートで、織田家の家臣でも織田家関連の歴史イベントが発生するようになりました。戦国伝は発生しませんが、桶狭間の戦いや浅井家との婚姻などの歴史イベントは発生します。数は多くないようですが、新たに追加された歴史イベントもあります。以前よりもプレイしやすくなっていますので、この機に織田家の家臣プレイを楽しむのも良いと思います。織田家以外の家臣プレイでは、相変わらず歴史イベントは発生しません。

7月6日のアップデートで、歴史イベントを作成できるようになりました。織田家以外の家臣プレイでも主家の歴史イベントが発生するようにするのも良いと思います。

アップデートによる新規勢力プレイ

6月6日のアップデートで、新規勢力を作成できるようになりました。アイヌ民族でプレイしたり、島原の乱の大将でプレイするなど、選択肢が広がりました。

作成例は、「戦国立志伝の登録武将」をご覧ください。

家臣プレイ

1534年 真田幸隆 (海野家家臣)
真田幸村の祖父、幸隆の若い頃をプレイできます。武田に寝返るのも良いのですが、この地を必死に守り通すのがおすすめです。攻め弾正や密使の特性を修得しますので、城攻めも人材集めも得意です。
1542年 樺山善久 (島津家家臣)
大筒陣地を使えるようになる樺山は、野戦が得意な島津家の中では貴重な存在です。早めのシナリオで開始すれば、これから元服する有能な武将を家臣に加えることも可能です。ゲームシステム上、全国の端から領土を拡大できるのは有利です。
1548年 吉川元春 (毛利家家臣)
吉川元春を家臣からプレイできる唯一のシナリオです。戦法の三本の矢は強力で、余禄の効果でぐんぐん成長します。
1560年 清水宗治 (三村家家臣)
後に秀吉から武将の鑑と評される人物です。真の武士、奮迅、武勇などの特性を持ち、兵が減るほど強くなります。
1562年 木下秀吉 (織田家家臣)
立身出世と言えば、やはり秀吉です。育成を続ければ、井楼、土竜攻め、大筒陣地を設置できるようになりますので、合戦采配が楽しいです。人たらしと密使の特性を修得しますので、城主になってからの人材集めも有利です。4月末のアップデートにより、家臣プレイでも桶狭間の戦いなどが発生するようになりましたので、1560年から始めるのも面白そうです。
1562年 山中鹿之助 (尼子家家臣)
歴史では、1562年8月から4年半もの間、毛利家からの激しい攻撃に遭いました。攻城戦のある戦国立志伝なら、防衛戦を存分に堪能できそうです。1567年の山名家家臣から独立を目指すのも面白そうです。
1562年 鈴木重秀 (鈴木家家臣)
八咫烏の戦法は非常に強力で、改修や政策で射撃に特化させればさらに強くなります。どうしても織田家と戦いたい方は、遅い年代がおすすめです。
1567年 九鬼嘉隆 (織田家家臣)
海戦名人と鉄甲船の特性を修得します。海戦を楽しむなら、九鬼嘉隆は外せません。この年代以降は城主で開始されますので、領地内政も楽しめるこの年代がおすすめです。
1570年 蒲生氏郷 (織田家家臣)
配下の忠誠管理に絶大な効果がある「人たらし」の特性を修得します。全能力を9上昇させるのは大変ですが、余禄の効果で順調に成長します。
1570年 井伊直虎 (徳川家家臣)
2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公です。桶狭間の戦いで父・直盛が戦死し、謀叛の疑いで直親が殺されたため、女性の直虎が家督を継ぎます。今川家で開始すると昇進するための城がないので、徳川家で開始するこの年代がおすすめです。浜松城か吉田城の城主になって、井伊谷衆を取込すれば、井伊谷に築城することもできます。
1570年 服部半蔵 (徳川家家臣)
最初から捕縛の特性を持っています。次々と敵将を捕縛できるので、城主になってからが面白いです。このシナリオは城主に空きがあるので、比較的昇進しやすいです。
1572年 藤堂高虎 (浅井家家臣)
仮想シナリオではありますが、藤堂高虎を小勢力の家臣でプレイできます。密使や大筒陣地を覚えるので、人材集めや攻城戦も得意です。
1575年 前田慶次 (織田家家臣)
戦国立志伝なら、城主の家臣という立場でもプレイできます。実の親である滝川益重を支えましょう。余禄の特性を修得するので、じっくりと育成するのも面白いです。
1575年 石田三成 (織田家家臣)
三成専用特性の君臣分禄の効果で、よい副将さえ見つければ合戦でも強くなります。攻城下手なので包囲は苦手ですが、大筒を覚えれば攻城戦で活躍できます。
1575年 立花訐藺 (大友家家臣)
姫武者と短気という癖の強い特性を持つ7歳の少女です。毛利と龍造寺に挟まれていますので、合戦の機会も多いです。
1577年 上杉景勝 (上杉家家臣)
1580年頃に上杉謙信が死に、普通にプレイしていれば景勝が跡を継ぎます。戦国伝がありますし、大名で領地内政を楽しむことができますし、強力な車懸の陣形も使えます。
1577年 下間頼廉 (本願寺家家臣)
歴史では、10年に亘って織田信長に抗戦し続けました。ゲームでも大軍に攻められるので、籠城戦を存分に楽しむことができます。
1582年7月 伊達政宗 (伊達家家臣)
家臣の状態でスタートしますが、しばらくしてイベントが発生し、大名になります。大名で領地内政も楽しみたいなら、このシナリオからがおすすめです。伊達家専用政策を使うことで、伊達家だけが騎馬鉄砲備を編成できるようになります。
1582年7月 加藤嘉明 (羽柴家家臣)
攻城、築城名手、土木名人を修得し、4つの特殊設備「馬防柵」「井楼」「土竜攻め」「大筒陣地」を全て使えるようになります。七本槍の戦法も強力です。
1582年7月 塙団右衛門 (徳川家家臣)
挑発の戦法を使えば、城門を守る敵部隊を城外に誘い出すこともできます。武勇が得意で挑発を使える武将は珍しいです。シナリオを変えると豊臣家などに所属が変わりますが、中道の徳川家がプレイしやすいと思います。
1586年 成田甲斐 (北条家家臣)
忍城の籠城戦が非常に面白そうです。姫武将と傾城があるので、非常に打たれ強いです。余禄も修得するので、育成プレイにも向いています。姫武将好きの方にもおすすめです。1600年の豊臣家なら、また違った面白さが味わえます。
1600年 宮本武蔵 (黒田家家臣)
高確率で敵を混乱させる奥義一閃は、合戦で絶大な効果を発揮します。民心掌握や早駆の特性を覚えるので、城主になると益々活躍できます。1614年だと同盟国が多いので、この年代の方が楽しいと思います。
1600年 出雲阿国 (徳川家家臣)
軍神のプレイ記録を達成すると、登録武将に出雲阿国が追加されます。人たらし、民心掌握、姫武者、傾奇者、余禄、捕縛などの特性を修得します。年齢がないので、どのシナリオでもプレイできるのですが、歴史を考えると1600年からがおすすめです。
1614年 真田幸村 (豊臣家家臣)
創造戦国立志伝の目玉となるのが、大坂の陣の真田幸村です。このシナリオの幸村専用のプレイ記録もありますので、1度はプレイしておくのがおすすめです。
1614年 長宗我部盛親 (豊臣家家臣)
大坂の陣の戦国伝を全てクリアすると、土佐で大名として復活します。これだけでも魅力的ですが、大名で領地内政できるのも魅力です。
1614年 片倉重長 (伊達家家臣)
伊達政宗か片倉重長で大坂の陣の戦国伝を進めると、終盤でルート分岐が発生します。伊達家に天下を取らせる最後のチャンスです。

独立・謀叛プレイ

2016年7月6日のアップデートで、謀叛・独立コマンドが追加されました。

1534年 斯波義統 (清洲織田家家臣)
義統(守護)は織田信広(守護代)の主君で、信広は信長の主家です。しかし、父・義達が今川家に大敗して以降、織田信広の傀儡となってしまいます。この状況から再興するには、信広を討つしかありません。
1555年 宇喜多直家 (浦上家城主)
戦国伝が発生し、独立へと進みます。戦国伝の条件が創造とは多少異なります。
1555年 斎藤義龍 (斎藤家家臣)
長良川の戦いの戦国伝はありません。独立から道三を討つのも良いですし、歴史イベントを作成するのも良いと思います。
1560年 松平元康 (今川家城主)
今川家で開始すると、桶狭間の戦いの戦国伝も歴史イベントも発生しませんので、元康自ら独立コマンドを実行する必要があります。
1570年 大浦為信 (南部家家臣)
戦国伝が発生し、南部家から独立します。創造の戦国伝は南部家側の内容でしたが、戦国立志伝なら為信視点で話が進みます。
1570年 松永久秀 (織田家城主)
十河一存暗殺疑惑、将軍足利義輝殺害の黒幕説、東大寺大仏殿放火疑惑など、梟雄としてのイメージが強い松永久秀ですが、武士として、茶人としての評価は高いです。謀叛を起こす戦国伝はありません。
1577年 荒木村重 (織田家城主)
歴史通りに独立すると、絶望的な状況になります。居城やタイミングを調整すれば、生き残れるかも知れません。
1577年 上杉景虎 (上杉家家臣)
越相同盟の人質として上杉謙信の養子になったのが、上杉景虎(北条三郎)です。謙信の死後、歴史イベントで独立します。
1577年 新発田重家 (上杉家家臣)
御館の乱が発生すると、上杉家の家臣はどちら側に付くか選択できます。歴史では景勝に付いた重家ですが、その後、恩賞に不満を感じて独立します。
1582年1月 木曽義昌 (武田家城主)
武田家滅亡の切欠となったのが、義昌の寝返りです。ゲームでも、謀叛を起こして織田家に寝返ることができますが、戦国伝や歴史イベントは発生しませんので、歴史とは大きく違った展開になります。
1586年 九戸政実 (南部家城主)
南部晴政の死後、謀叛を起こして独立しますが、南部の援軍に駆けつけた豊臣軍に敗れ、斬首されます。兵数がかなり少ないので、上級者向きです。

大名・城主プレイ

城代以上の身分で開始する武将は、領地内政ができません。そのため、戦略や戦国伝が目的の方におすすめです。

1542年 諏訪頼重 (諏訪家大名)
婚姻関係にある武田信玄に裏切られた悲運の武将です。孫の勝頼で武田家が滅んだというのも、因果を感じます。「姫武将モードあり」で開始すると、諏訪姫が武将として登場します。
1555年 村上武吉 (能島村上家大名)
戦国立志伝で海戦を楽しむなら、村上水軍の頭領である村上武吉がおすすめです。厳島の戦いで毛利家に加担すると、それ以降、瀬戸内海一の水軍勢力として活躍します。
1560年 武田信玄 (武田家大名)
真田昌輝などを直参にして各城に「真田丸」を作れば、武田家専用政策「甲州法度次第」との相乗効果で、強力な騎馬部隊を作ることができます。戦国伝やイベントも次々発生します。
1562年 島津義弘 (島津家城主)
城主・合戦用の特性を数多く修得します。人たらしを覚えれば、配下の忠誠管理が非常に楽になります。薩摩の土地とアップデート後の提案機能のお陰で、前線に兵力を集中することができます。
1562年 甲斐宗運 (阿蘇家城主)
最初から余禄と密使の特性を持ち、捕縛も修得します。人材収集に適した武将です。大友家と同盟関係にあるこのシナリオがプレイしやすいと思います。
1570年 最上義光 (最上家大名)
最上家専用政策の「内治外謀」で、最大民忠と港収入と密談効果が上がります。密談を楽しみたい方におすすめです。
1577年 織田信長 (織田家大名)
創造パワーアップキットにない戦国伝が追加されました。また、信長でクリアするとエンディングムービーが流れますので、そのままクリアするのがおすすめです。
1577年 羽柴秀吉 (織田家城主)
戦国伝が次々と発生します。創造と同じ内容ですが、城主の立場でプレイできます。
1582年1月 明智光秀 (織田家城主)
このシナリオの光秀を主人公にした時のみ、本能寺の変でムービーが流れます。ムービー鑑賞を埋めたい方は、取りあえず一度プレイしておくと良いです。
1582年1月 真田昌幸 (真田家大名)
武田家滅亡後の争乱を巧みな外交術で切り抜けたのが、真田昌幸です。大河ドラマ真田丸でも、主役を食う活躍を見せています。
1614年 徳川家康 (徳川家城主)
大坂の陣のもう1人の主人公です。戦国伝だけでなく、専用のプレイ記録もあります。

大河ドラマ真田丸の名脇役

1567年 室賀正武 (武田家家臣)
武田家、森家、徳川家と渡り歩くことになるのですが、真田昌幸と昇進争いできるこの時期が面白いと思います。
1584年 真田信尹 (徳川家家臣)
真田昌幸の弟ですが、武田家、北条家、浅野家、徳川家と主君を替えても、真田家には戻りませんでした。ドラマのように、スパイとしてプレイするのも面白いと思います。
1600年 堀田作兵衛 (真田家家臣)
真田幸村を追って大坂の陣に参戦するのですが、信濃の土地でプレイした方が彼らしいと思います。
1614年 真田信之 (真田家大名)
真田家の存続と父弟の助命に尽力した武将です。歴史イベントなしにして、自力で幸村の帰参を目指してみては。
1614年 高梨内記 (豊臣家家臣)
娘(きり)が真田幸村の側室になり、高梨自身も幸村と共に大坂の陣を戦います。
出浦盛清
戸隠衆の頭領として登場します。主人公には選べませんが、「取込」を実行することで武将に加えることはできます。
創造戦国立志伝の攻略内容

戦国立志伝の特徴

戦国立志伝の評価

武将プレイの何に期待?

戦国立志伝の身分

戦国立志伝の忠誠

戦国立志伝の政策

戦国立志伝の部隊編成

戦国立志伝の戦国伝

戦国立志伝の特性検索

戦国立志伝おすすめ武将

戦国立志伝の登録武将

戦国立志伝の施設

戦国立志伝の領地内政

戦国立志伝の城下町内政

戦国立志伝の裏技

コーエーへの要望

信長の野望創造の攻略内容

批評(レビュー)

創造の特徴

パワーアップキットの批評

パワーアップキットの内容

みんなの評価

ゲームの流れ

シナリオ

戦国伝

全国の基本情報

支城と最大区画数

施設と資源と城郭施設

城の改修設備

政策

戦法

特性

おすすめ武将と特性

デモプレイの結果

合戦のための配属

合戦テクニック

会戦テクニック

人口の増やし方

兵数を増やすための政策

内政施設と政策の組み合わせ

おすすめ大名(低難易度)

おすすめ大名(高難易度)

おすすめ大名(PK版)

登録武将プレイ

裏技・小技集