信長の野望創造攻略サイト

城  戦国立志伝の裏技  城

裏技情報を募集しております。未掲載の裏技を発見された方は、こちらのブログへご連絡ください。

任意の国替え

アップデートVer1.05により、ゲーム開始時に勢力の位置を「配置編集」で変えられるようになったのですが、「国替え」はランダムのため、特定の国を任意の場所に入れ替えることはできません。

しかし、一旦「全固定」して、移動させたい勢力と移動先の城だけを「解除」して、それから「国替え」すれば、特定の国をほぼ思い通りの場所に移動させることができます。ほぼと書いたのは、大大名の一部の城だけを替えたり、武家の所領を指定するなど、細かな作業はできないためです。「国替え」後の支城の配置は、「新規勢力作成」の「本拠」を利用すれば確認できます。

「新規勢力作成」してから「配置編集」すると、「新規勢力」が強制的に削除されますので、両方行う場合は「配置編集」してから「新規勢力作成」します。この仕様のため、例えば「安土城を新勢力の本拠にする」とか「佐渡島に新勢力を配置して、国替えで佐渡島を上杉領にする」という利用法は使えません。

城主で家臣や発言力を増やす裏技

城主に昇進した直後の城代時代の城や、攻め落とした直後の城などは、武将数が0です。このような城には翌月に大名の直参が移動してくるのですが、すぐさま提案の「転封」や「加増」を利用してこの城をプレイヤーの拠点に加えると、移動してきた大名の直参がまとめてプレイヤーの家臣に加わります。

「加増」に必要な発言力は城の人口÷50で、「転封」に必要な発言力は城の人口差÷50(人口の少ない城へ転封すると発言力は増加)です。武将数0の城と元の城とで「転封」を繰り返しても、発言力は減らず、家臣がどんどん増えていきます。十分に家臣が増えた後で不要な家臣を「推挙」すれば、発言力も大幅に獲得できます。

大名の直参を奪う裏技ですので、大名の直参が多いほど効果的です。コーエーのプログラムミスの可能性が高いので、アップデートで修正される可能性もあります。

トキさんに教えていただいた裏技です。ありがとうございました。

城主以上に可能な兵力増加の裏技

家臣からゲームを開始して、城主以上になった場合に利用可能な裏技です。城の兵力に領地の兵力も加わることを利用します。

主人公(城主以上)の城から主人公以外の武将に全兵力で出陣させて、すぐに主人公を別の城に移動させます。主人公の去った城は、民忠や領地兵力の影響で最大兵力が大幅に下がりますが、既に出陣した兵力は元のままです。

主人公の移動した先の城も、民忠や領地兵力の影響で最大兵力が大幅に増えますので、数ヵ月後にはまた大兵力で出陣できます。優秀な家臣が何人かいる場合、特に効果的です。

主人公の去った城は民忠が下がりますので、「目安箱」「理世安民」「大名専政」の政策とは相性が悪いです。

ぷー太郎さんの意見を参考に発見した裏技です。ありがとうございました。

一時的政策による兵力増加

政策を利用して兵力を上げて、出陣後に政策を打ち切っても、出陣中の部隊の兵力は高いままです。全拠点の出陣と帰城のタイミングをそろえると、最低限の政策費用で、最大限の兵力増加を得ることができます。政策のデメリットの効果も、これなら最小限に抑えることができます。

民忠も領民兵に大きく影響しますので、どの主義にもそれなりに利用できる政策はあります。

城主以上に可能な攻城戦の裏技

戦国立志伝で追加された攻城戦ですが、敵部隊に守られた城門は非常に堅く、城門以外から入ることも基本的にできないため、采配でどうにかなるシステムになっていません。

そこで、攻城戦の合戦采配を開始し、敵部隊がいたら、すぐに合戦采配を止めて軍議画面に戻ります。すると、敵部隊は城外に出た状態になっていますので、ここで敵を全滅させます。敵将を捕縛して、即時落城となる場合もあります。

軍議画面で敵部隊を倒したら、いよいよ敵城を包囲するのですが、包囲に必要な兵力が足りない場合は、ここで再度合戦采配に挑みます。敵部隊のいない攻城戦なら、強攻よりも合戦采配の方が少ない被害で城を落とせます。

軍議画面と合戦采配を切り替えられる城主以上に可能な裏技です。軍議画面で倒せる場合と城内に逃げられる場合がありますので、兵力差や陣替速度が影響しているのかも知れません。

提案の発言力軽減

提案で人材をもらう際に消費する発言力は、一定ではありません。昇進した後、敵城を落とした後、任務を報告した後など、勲功を上げた後に消費発言力が軽減されます。

正確なシステムは分かりませんが、勲功250くらいで消費発言力が下がり、人材をもらってから再度250ほど溜めるとまた下がります。勲功を基準に適切な家臣の人数を割り出していると推測されます。

なお、検証中、加増(城)に必要な発言力は変化しませんでしたが、もっと勲功を溜めることで変化するのかも知れません。

加増でおすすめの城

城主になると、加増を提案することで城をもらうことができます。加増で消費する発言力は、城人口÷100です。(アップデート後は城人口÷50に増加しました)

人口の多い城ほど領民兵や区画が多いので、主人公の居城は人口の多い城が良いです。人口の多い城を主人公の居城にしたら、次からは人口増加や鉱山・港の多い城をもらうと良いです。意外と少ない発言力で入手できる場合があります。

創造性別配属

大名だけが可能な配属方法です。政策のいくつかは、創造性で忠誠が上がったり下がったりします。政策の範囲は武家単位ですので、自分と創造性の合わない武将を城主に任命して、その城に創造性の合わない武将を寄騎で移動させれば、大名の城も城主の城も、創造性によるデメリットを消せます。

次は、城主以上で可能な配属方法です。城郭施設のいくつかは、創造性で部隊が強化されます。創造性で武将の居城を分類すれば、全ての部隊で城郭施設の効果を発揮することができます。

創造性が関係する城郭施設は、そもそも利用しないのも手ですが、政策に関しては、創造性が意外と重要です。大名プレイが好きな方は、創造性別配属も覚えておいて損はありません。

城下町と領地の違い

家臣からゲームを開始すると、昇進後も領地からも収入を得られます。領地の収入は大きいですし、やりがいもあります。ただし、部隊の能力や政策の効果などは、城下町のものが反映されます。

詳細は、「戦国立志伝の城下町内政」をご覧ください。

領地の区画数を知る方法

領地の区画数は、領地マップによって差があります。領地マップはゲーム開始時にランダムで決まりますので、せっかくなら広いマップを選びましょう。

その領地の最大区画数は、「情報一覧」の「領地」を「選択」することで確認できます。最も広い領地は、108区画です。

収入計算式

 金銭収入(月) = 商業 × 0.5 × 収入設定 + 港 + 鉱山
 港収入(月) = 港 × 20 + 軍港 × 150 + 商業港 × 300
 鉱山収入(月) = 銀山 × 250 + 金山 × 500
 収穫(年) = 石高 × 4 × 収入設定
 木材(月) = 木産 × 収入設定
 鉄(月) = 鉄産 × 収入設定
  収入少ない=0.7、収入標準=1、収入多い=1.3

収入の計算式は、上のようになっています。港と鉱山は収入設定が影響しないので、「収入少ない」にした時は特に重要です。

取引の損得勘定

       金銭 : 兵糧 : 木材 : 鉄
施設年間収入 1200 : 800 : 1200 : 720
買値相場      :  20 :  30 :  40
同量取引価格    : 1600 : 3600 : 2880

施設レベル1の「商人町」「水田」「製材所」「たたら場」の年間収入が一段目です。その収入と同量を商人との取引で購入した場合、三段目の金銭が必要になります。

数字を見れば分かる通り、木材と鉄は非常に割高な値段で売られています。頻繁に商人から買うようなら、施設で生産した方が圧倒的にお得です。城下町には区画が少ないので、生産したくても資源がないことも多いですが、領地ならいくつか資源が見つかるはずです。家臣で始めたら、領地で木材や鉄を多めに生産すると良いです。

また、「畑」は「水田」の半分の収穫なので、「畑」を作るくらいなら、「商人町」を建設して商人から兵糧を買った方がお得です。

資源発見

「進出」前の区画でも、マップを拡大してカーソルを合わせれば、資源の位置と種類を確認できます。他国の土地も見ることができます。

無理やり資源獲得

地域ごとに傾向はありますが、資源の位置と種類は基本的にゲーム開始時にランダムで決まります。最初に根気よくリスタートを繰り返せば、特定の資源を自分の城下町に加えることも不可能ではありません。

おすすめ資源は「名所」です。「大庭園」を造って最大民忠を上げれば、人口増加も領民兵も兵回復速度も上がります。

金山と銀山も、ある程度出現しやすい場所が決まっていますが、位置や数はランダムです。ただ、鉱山は内政が馬鹿馬鹿しくなるほど圧倒的な収入ですので、無理やり入手するかどうかは皆さんにお任せします。

投資後に灌漑

「灌漑」を行うと、その区画の治水満足度が上がります。「投資」の場合、満足度が高くなるほど上がりにくくなります。つまり、ある程度「投資」で治水満足度を上げてから「灌漑」を行うのが効果的です。

特性閲覧

各武将がどの特性を修得するかは、「スタートメニュー」の「史実武将編集」で閲覧できます。さらに、「能力」の「成長タイプ」で現在の「成長タイプ」にカーソルを合わせれば、どの能力をどれだけ上げれば修得するかも判明します。

「史実武将編集」で編集したデータでゲームを開始すると、「プレイ記録」を達成できませんので、ご注意ください。閲覧だけなら問題ありません。

「武将名鑑」は、列伝や過去のシリーズの顔画像を見るための機能ですので、特性に関しては「史実武将編集」が圧倒的に便利です。

シナリオ開放

「プレイ記録」の「夢幻の如く」を達成すると「群雄集結」のシナリオが開放されます。「大坂の陣」の徳川家康など、高齢の武将でプレイすれば、簡単に達成できます。

他にもあるかも知れませんので、やり込む方は「プレイ記録」にも挑戦してみてはいかがでしょう。

大坂の陣のルート分岐

「大坂の陣」の戦国伝には、ルート分岐が存在します。詳細は、「戦国立志伝の戦国伝」をご覧ください。

入城を利用した移動

大名か軍団長なら、「入城」を利用したテクニックがいくつか使えます。

支配範囲がかなり広い時、合戦から戻る際に近くの城に「入城」してから「移動」した方が早く戻れることがあります。

限られた有能な武将をフル稼働で使いたい場合、遠くの城から「出陣」させて敵と戦い、兵が減ったら近場の城に「入城」させます。一時的に練度は下がりますが、兵力の回復を待つよりは早いので、すぐにまた「出撃」できるようになります。

落城後の城ですぐに「内政」や「改修」をさせたい場合、政治の高い武将にわずかな兵力で「出陣」させて、包囲中の敵城近くで待機させておきます。攻められる心配がない場合は、包囲に参加させるのも良いです。落城直後にその武将を「入城」させれば、「移動」の無駄を省けます。

説明書

公式サイトに「説明書」がありますので、一度はご覧になることをおすすめします。ゲーム中のヘルプに書かれていないことも、いくつか載っています。

練度の効果とは

戦国立志伝の新要素なのに詳しい説明がありませんので、ここで解説します。

練度は、部隊の能力に影響します。合戦などで兵が減ると練度も減り、兵力が最大近くまで回復すると練度も回復し始めます。つまり、連戦をしにくくするための要素です。

練度が60を超えると、新たな陣形を選択できるようになります。追加された陣形の方が戦術が多いので、主人公の部隊は特に重要です。

練度を上げる手段は限られています。大名や城主がいる城は、それだけで上限が+20になります。城代ではだめです。城下町に「狩場」を建てると、上限が+10になります。領地の「狩場」ではありません。その他にもありますが、利用しやすいのは「城主」と「狩場」の2つです。

ページスクロール

PS4版で説明します。武将情報などの一覧を確認する時、十字キーでは移動に時間がかかります。右スティックの上下を使えば、ページ単位でスクロールします。

どの機種にも同じ機能があると思いますでの、詳細は公式サイトでご確認ください。

創造戦国立志伝の攻略内容

戦国立志伝の特徴

戦国立志伝の評価

武将プレイの何に期待?

戦国立志伝の身分

戦国立志伝の忠誠

戦国立志伝の政策

戦国立志伝の部隊編成

戦国立志伝の戦国伝

戦国立志伝の特性検索

戦国立志伝おすすめ武将

戦国立志伝の登録武将

戦国立志伝の施設

戦国立志伝の領地内政

戦国立志伝の城下町内政

戦国立志伝の裏技

コーエーへの要望

信長の野望創造の攻略内容

批評(レビュー)

創造の特徴

パワーアップキットの批評

パワーアップキットの内容

みんなの評価

ゲームの流れ

シナリオ

戦国伝

全国の基本情報

支城と最大区画数

施設と資源と城郭施設

城の改修設備

政策

戦法

特性

おすすめ武将と特性

デモプレイの結果

合戦のための配属

合戦テクニック

会戦テクニック

人口の増やし方

兵数を増やすための政策

内政施設と政策の組み合わせ

おすすめ大名(低難易度)

おすすめ大名(高難易度)

おすすめ大名(PK版)

登録武将プレイ

裏技・小技集